坪井 智哉
Baseball

坪井 智哉 専属契約

Tomochika Tsuboi

1998年に阪神タイガースでプロデビューし、ルーキーイヤーに135安打を放ち当時の球団史上新人最多安打記録を更新。その後も独特の“振り子打法”を武器にヒットを量産し、新人賞に値するセントラル・リーグ会長特別賞を受賞する。初回先頭打者ランニングホームラン(新人初)を記録するなど、新人の頃から即戦力として活躍。5年間に渡り阪神タイガースの主力選手として活躍した後、日本ハムファイターズへ移籍(現北海道日本ハムファイターズ)、2006年にリーグ優勝と日本一を達成すると、2009年にもチーム5度目のリーグ優勝に貢献するなど、長きにわたり活躍した。度重なる怪我に苦しめられるも、オリックス・バファローズへの入団を経て2012年にはアメリカへ渡り独立リーグへ挑戦する。2014年に現役を引退、2015年より横浜DeNAベイスターズの打撃コーチに就任。就任から現在までチームを3度のAクラス入りに導くなど、コーチとしても活躍中。

Tsuboi Tomochika is a Japanese baseball outfielder. He previously played in the NPB for 13 seasons. Since 2012, he has played in various American independent leagues.

生年月日
1974年2月19日生まれ
出身
東京都江東区出身
身長
177cm
体重
77kg
血液型
B型
投打
左投左打
キャリア - 選手
PL学園高校 → 青山学院大学 → 東芝 → 阪神タイガース → 日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ) → オリックス・バファローズ → 米国独立リーグ
キャリア - 指導者
2015年~:横浜DeNAベイスターズ (一軍打撃コーチ)
受賞 - チーム
2006&2007&2009年:北海道日本ハムファイターズ リーグ優勝
2006年:北海道日本ハムファイターズ 日本一
受賞 - 個人
1998年:セントラル・リーグ会長特別表彰 / JA全農Go・Go賞(最多二・三塁打賞)
2000年:オールスターゲーム優秀選手賞 (出場は2000年と2003年の2回)
2010年:1000試合出場
新人最高打率記録保持者:.327

所属アスリート